江戸時代

姫路城の天守閣は欠陥建築だった

更新日:

東へ傾く姫路の城は、花のお江戸が恋しいか

これは昔、城下で唄われた俗謡である。

言うまでもなく、歌詞の内容は、天下の姫路城の五層天守閣が東に傾いてしまっているというものだ。

果たして、そんなことがあるのだろうか。

 

姫路城が傾いていたという事実

実はあるのである。

戦前、地下一階から最上階までの傾斜を調べたところ、なんと東南側に40センチ以上傾いていることが判明したのだ。

これは、地盤沈下が原因だとされている。

天守閣は姫山の東端に位置するが、これを築く際に敷地が不十分だったため、東南側を埋め立ててスペースを確保したのだ。

そのため、埋め立て地域が沈み始め、天守閣が東南へ傾いてしまったのである。

ただ、戦前の調査では、すでに沈下はストップしており倒壊の危険はなかったようで、昭和30年代の天守閣解体修理の際にコンクリートをたっぷり流し込んで補強したので、現在は傾斜していない。

ところで、この天守閣の傾きについては、悲惨な逸話が伝えられている。

 

姫路城天守閣建築責任者「桜井源兵衛」

天守閣の建築責任者は、桜井源兵衛という大工の棟梁だった。

天守閣が完成して間もなく、源兵衛は妻をともない、閣上へ上がった。というのも、自分が作った建築物が傾いている気がして仕方がなかったからである。

「傾いていると思うか」という源兵衛の問いに、妻は正直に「そう思います」と答えた。

すると、源兵衛は「素人のお前にもわかるのか」と落胆し、後日一人で天守閣に上がり、口にノミをくわえて飛び降りたと伝えられている。

おそらく、責任を痛感しての自害だったのだろう。

ただ、この話は信用しがたい部分があり、いくら建築責任者だからといって、天守閣に女房を連れてきたり、自由に一人で閣内に入れたりするはずがないからだ。

源兵衛が亡くなったのがもし事実なら、自害ではなく、むしろ謀られたのではなかったか。

昔から城の内部構造、特に極秘部分に携わった大工が口封じのために謀られるケースは珍しくなかったからであり、源兵衛もそうなり、それを巧みに隠すためにこうした話を城外へ流したということはあり得ない話ではないだろう。

事実、源兵衛は他の大工と一緒に生き埋めにされたとする伝承も残っており、その場所が埋門だという話もある。

 

姫路城清水門の近く、中濠と船場川を分ける外角の土塁上に、2メートルあまりの石碑が経っているおり、この石碑は桜井源兵衛の墓石だと伝えられているが、碑の表に記されてあった文字は、摩滅して読み取ることが出来ない。

果たして、天守閣の設計に失敗して自害した人間の墓を城内に建てるだろうか。

墓石を建立して以後、権兵衛の魂はよく城を守護したと言われているが、この石はそもそも江戸初期の墓石の形をしていない。

つまり、これは完全なつくり話のようで、近年にそれを証明する古文書が城下の旧家から発見された。

それによれば、元禄時代に船場川改修工事の竣工記念に清水門外に石碑を建てたとあり、どうやらそれが源兵衛の墓石とされている石らしい。

-江戸時代
-,

Copyright© 日本の歴史を深く知る! , 2018 All Rights Reserved.